引越し侍

宅急便でおなじみのクロネコヤマトですが、

ヤマトホールディングスのグループ企業である

ヤマトホームコンビニエンスで引越しが出来ます。

 

サービスについては、他の引越し業者とそこまで大きな違いはありません。

ダンボールなどの引越し資材サービスや洗濯機やエアコンの取付サービスは

やはりどの引越し業者でもあるようですね。

 

違いがあるとすれば、LINEを利用した引越し見積もりや

分割配送サービスですね。

 

分割配送サービスとは、通常1回で行う荷物の運搬を

複数回に分けるサービスです。

引越し先に一度に大量の荷物を運んでしまうと、

荷ほどきをしようとしても荷物が多すぎて

作業スペースすらなくなる事がよくあります。

 

このサービスならこういった状態を防いでくれますし、

1日分の荷物を先に送っておけば宿泊費を浮かせる事も出来ます。

逆に「すぐに必要のないもの」は後から送る事も出来ます。

もちろん有料になりますから、価格と相談する必要があります。

 

 

ヤマトホームコンビニエンスの大きな特徴としては

家財量と距離によって料金計算が明確に行われている所だと思います。

 

多くの引越し業者ではトラックに荷物を積んでも余ったスペース分が出来てしまい

その分も料金が発生するので無駄になりますが、

ヤマトホームコンビニエンスの場合はユニットロードシステムも合わせて利用しています。

これは工場などでも利用されている方法で、運ぶのに適したサイズのコンテナの中に荷物を詰めて

無駄なスペースを減らしつつ荷物を運ぶことができます。

 

この方法だと無駄が少ないので、他の業者よりも安くなりやすいようですね。

 

 

私は大学生になったとき、人生最初の引越しでここを利用しましたが

他の業者は13~15万と提示してきているにもかかわらず、

ここだけは4万いくらといわれました。

関西から東北への引越しだったので10万円以上かかるのは想定していましたが

ヤマトホームコンビニエンスの安さは衝撃的でした。

 

こんなに違うなら、たとえどんなサービスがあったとしても

他の引越し業者なんて選べそうにありません。

 

 

思えばこの経験があるから、

それから引越しするときには必ず複数の業者から

見積もりを取るようになったんだと思います。

 

その時はヤマトホームコンビニエンスが一番安かったですが、

利用する方の条件によって一番安い業者は変わります。

 

その時は私の荷物が少なかったので

ヤマトホームコンビニエンスのコンテナ2つに収まって

かなり安く抑えられたんだと思います。

 

これで荷物量が多かったり、日程や距離によっても

価格は大きく変動しますから、一概にここが安いとは言えません。

 

 

それを確認するためにも、

無料一括見積サービスを利用して一番安い業者を調べる必要があります。

 

まず一番安い業者とその金額を頭に入れたあと、

他の業者でしか受けられないサービスがあるかを確認します。

 

そしてそのサービスを利用したいのであれば

一番安い業者よりも何万円高いかを考えて、

そのサービスの価値に見合うかを考えれば、失敗しないはずです。

 

 

1社だけに見積もりを取るのが一番楽ではありますが、

普通の人にとって引越しは痛い出費です。

 

「予想以上に高かったな・・・」と後悔しないように、

複数の業者に見積もりを取るようにしましょう。