引越し侍

引越しをする際は、これから住む部屋の近隣の方へ挨拶をして粗品を贈る事をお勧めします。

 

ですが、

「何を渡したらいいか」

「どのくらいの金額がいいか」

「どこまで挨拶をすればいいか」

など、気になる事も多いと思います。

 

今回は粗品の選び方や金額の目安をまとめていきます。

 

 

粗品の選び方

粗品として最適なのは、日用品です。

タオルや洗剤セット・ハンドソープ・サランラップなどであればまず邪魔になる事はありませんから、この辺りを抑えておけば確実です。

お菓子の詰め合わせや少し高級なジュースもありですが、好き嫌いや家族構成によっても喜ばれるかどうかが異なりますから、日用品の方が無難ですね。

 

特にタオルであれば今治タオルなどの高級タオルは喜ばれますから、フェイスタオルなどでも第一印象を良くするのに一役買ってくれます。

 

また、粗品には必ず「のし」を付けておきましょう。

若い方にはあまり馴染みがないかも知れませんが、

 

のしというのは

「粗品をどういう名目で贈るのか」

「自分の名前」

を書いておきます。

 

引越しの挨拶での粗品ならこんな感じです。

 

ギフトショップなどで購入するとお店側で付けてくれる事がほとんどですから、購入する際に一言伝えるだけで問題ありません。

 

 

粗品の金額について

粗品の金額が高すぎると自分の懐が痛みますが、貰った相手も気を遣ってしまいます。

普通の贈り物を貰ったらお返しを贈るのが通常ですが、粗品の場合は「渡すだけ」ですから、お返しを贈らないといけないと思わせない金額がベストです。

 

なので、一般的には粗品は「500円~1000円程度」が良いと言われています。

これくらいなら懐も痛まないですし、貰った方もお返しを気にしなくて済みます。

 

ただ、小さなお子様がいらっしゃるご家庭などであれば、これからご迷惑をおかけする事も考慮して、2000円程度の物でも良いと思います。

 

 

挨拶回りをするタイミングについて

挨拶回りは引越しの当日に行うのがベストですが、引越し作業で忙しいと思いますので翌日でも問題ありません。

また、引越し前に挨拶回りが出来るなら前日・前々日でも良いと思います。

引越し前に挨拶回りをする時は、引越し当日にご迷惑をおかけする事を伝えておきましょう。

 

訪問する時間帯にも注意が必要です。

常識的な時間での訪問が必要ですから、朝早くや夜遅くを避けて挨拶回りをしましょう。

近隣の方のライフスタイルにもよりますが、一人暮らしが多い所であれば18時~19時くらいがベストでしょうし、そうでなければ10時~15時くらいが迷惑にならない時間帯でしょう。

 

不在で翌日以降になってしまう場合でも、以前不在だったことを伝えてご挨拶が遅れてしまったことをお詫びしておけば問題ありません。

 

挨拶回りを行うのは、最低でも住む部屋の両隣と上下の4軒です。

余裕があれば両隣のさらに隣にご挨拶を行っておけばベストです。

 

少々面倒な挨拶回りですが、するのとしないのとでは相手の印象が大きく違います。

一人暮らしならあまり近隣の方と交流する機会は多くないでしょうが、家族ぐるみで引越す場合はこれからお世話になる機会が多くあります。

 

人間関係などで問題になりやすい賃貸物件ですが、挨拶回りをして顔見知りになっておけば色々と助けてもらえる事も多いですから、忙しくても何とか4軒はご挨拶に伺いましょう。