引越し侍

引越しをスムーズに進めるには、しっかりとした準備が必要です。

引越し前には役所での手続きや電気ガスなどの連絡なども必要ですが、これは今後まとめていきます。

今回は部屋が決まってからの荷造りなどについて書いていこうと思います。

 

 

引越し 準備 必要なもの

引越しの準備となるとダンボールやガムテープを準備して荷造りをして・・・と考えがちですが、まず一番初めにやることがあります。

それは「何を捨てるかを考える」という事です。

 

何年か住んでいると今の生活に必要のないものが必ずあるはずです。

それらをそのまま全部新しい部屋に持っていくとものがどんどん増えてしまってスペースを圧迫しますし、引越し代も高くなってしまいます。

普段からなかなかモノを捨てられない方は特に、引越しを機会に「必要なもの」と「必要のないもの」を考えてみましょう。

私が引越しをする時はまず初めにこれを考えます。

 

「必要のないもの」に当てはまりやすいのは、何となく気が向いて買った置物や最近全く触れていない本やゲーム・雑貨などです。

これらを引越し前に捨ててしまえば、荷造りもかなり楽になります。

 

「どれが必要のないものかが分からない」

「捨てるかどうか悩む」

という場合は、

「それを使っているシーンが想像出来るかどうか」

「過去1年間でそれを利用したかどうか」

を考えてみるといいでしょう。

 

たとえば本なら、1年以上触れていない本やパッとタイトルを見てもう一度読みたくならない本です。

本は場所も取りますしまとまるとかなり重いので、必要のないものは捨てることをおすすめします。

 

状態が良くて売れそうなものは、ブックオフなどのリサイクルショップへ持ち込んで売っても良いですし、出張買取をしてくれる業者もありますから一度調べてみると良いと思います。

 

また、これから荷造りをしていくためにはダンボールやガムテープなどの梱包用品が必要なので、これらのモノを早めに準備しておくことが重要です。

ほかにもこんなアイテムを準備しておきましょう。

・布団圧縮袋

・マジック(ダンボールに内容物を記入するため)

・ゴミ袋(今ある分では足りなくなる可能性が高いため)

・雑巾などの清掃用品

・プチプチなどの緩衝材

 

ちなみに、ダンボールやガムテープ・布団圧縮袋などは引越し業者から先に貰えるプランもあります。

特に3月や9月の繁忙期は早めに引越し業者を決めておかないと希望する日程で契約出来ないこともありますから、予め決めておきましょう。

 

引越し業者選びはこちらからどうぞ。

→ 引越し侍2

 

 

引越し 準備 いつから

引越し準備は早ければ早い方が良いように思えますが、早すぎるとかえって無駄になってしまう事もあります。

というのも、早く荷造りしてしまうと生活がしにくくなるモノがあるからです。

極端な例ですが、1か月前から食器や箸・調味料などをダンボールに詰めてしまうと食事が出来ませんよね。

それを使う機会が来るたびにダンボールから引っ張りださないといけませんので、かなり面倒です。

 

なので、

「今日から引越しまでこれは使わない」

というものを順番に詰めていくのがおすすめです。

 

たとえば今が夏なら引越しする日まで冬服を着ることはありませんし、羽毛布団なども必要ありませんよね。

本やゲームなど娯楽関係も使わないようなら早めにダンボールに詰めてしまいましよう。

 

早めにダンボールに詰めても良いのは、以下のようなものです。

・頻繁に使わない食器・調理器具

・本、ゲームなどの娯楽関係

・季節に合わない服、寝具

・インテリア

 

普段からよく使うものは生活に支障をきたさない範囲で荷造りを進めていきましょう。

 

引越しの準備としては、

①必要のないものがないか考えて処分する

②引越し業者を手配する

③荷造りをする

という順番が一番スムーズだと思います。